株式会社ゼンテック トップページへ
事業内容
商品・工法
会社情報
実用リンク集
お問い合わせ
事業内容
 
商品・工法TOPへ
クリートコートEXシステム
CRS工法
 
柱補強「CRS-CL工法」
梁補強「CRS-BM工法」
CRS工法

CRS工法は、炭素繊維をコンクリート構造物の表面に貼り付けまたは巻き付けることによって、構造物の曲げ・せん断耐力とじん性能を向上させ、耐震性能や耐久性を高める工法です。

CRS工法には、使用する炭素繊維の形状によって「シート工法」と「ストランド工法」があります。

土木構造物・建築物に広く利用されています。
特に建築物の補修補強工法では、部位によりCL工法とBM工法に分類しています。
柱補強「CRS-CL工法」
梁補強「CRS-BM工法」


CRS工法の特徴

軽量・高強度・しなやか

鉄の約4分の1の比重、約10倍の引張強度を持つ炭素繊維を用いた補強工法です。
補強後の重量増加がなく、基礎への影響はありません。
形状変化がほとんどなく、景観を損ないません。

高い耐久性・耐食性
さびが発生せず、メンテナンスが容易です。
塩分による腐食や紫外線による強度劣化がありません。

良好な施工性
構造物の形状に合わせた施工が可能です。
優れた施工例により工期短縮が可能です。
重機・溶接工などが不要です。



大阪城天守閣・平成の大改修工事の耐震補強工事に採用されたCRS工法

炭素繊維シート

炭素繊維ストランド
ページのトップへ
 
     
サイトマッププライバシーポリシー
Copyright (c) 2003 ZENTEC All Rights Reserved.