株式会社ゼンテック トップページへ
事業内容
商品・工法
会社情報
実用リンク集
お問い合わせ
商品・工法
 
商品・工法TOPへ
クリートコートEXシステム
 
標準工法 手順
メッシュ工法 手順
AS工法 手順
CRS工法
クリートコートシステム

工法手順
表面被覆工
クリートコートEXシステム標準工法
工法手順にマウスを乗せると詳細が表示されます
クリートコートEXシステム標準工法
1.はつり、鉄筋除錆工
劣化したコンクリート面の除去、発錆した鉄筋の露出、及び発錆劣化の要因物の除去
クリートコートEXシステム標準工法
2.下地処理工
ディスクサンダー等で、コンクリート表面のレイタンス、塩分、油脂その他の汚れを除去し、清浄、活性化を行う。
研掃完了後は、エアブローによりコンクリート表面の粉塵を除去する。
(仕様によりW・J又はブラスト等でコンクリート不良箇所を除去する)
クリートコートEXシステム標準工法
3.防錆材塗布工
錆を除去した鉄筋に、出来る限り早急に防錆材のクリートコートA/Cプライマーを塗装する。
クリートコートEXシステム標準工法
4.打継材塗布工
はつり後のコンクリート断面には、コンクリートと断面修復材との付着制を向上させる為にクリートコートSCプライマーを塗装する。
クリートコートEXシステム標準工法
5.断面修復工
打継材塗布後、直ちに(1時間以内)クリートコート修復材をコテ塗作業により充填して補修する。
クリートコートEXシステム標準工法
6.プライマー塗布工
下地処理が完了後、コンクリート表面にクリートコートEXプライマーを塗装する。プライマーはコンクリートの内部に浸透し、表層を強化するとともに次工程のパテや中途塗膜との付着性を向上させる効果がある。
クリートコートEXシステム標準工法
7.不陸調整材塗布工
コンクリート表面の気泡を密封し、段差等の不陸を調整するために、クリートコートEXパテを金コテ、ゴムベラ等で圧着させながら塗布する。
クリートコートEXシステム標準工法
8.主材塗布工
パテが硬化後、クリートコートEX中塗塗料を塗装する。中途塗料は水密、気密性を有し、コンクリートと鉄筋を保護する主材料である。
クリートコートEXシステム標準工法
9.仕上げ材塗布工
中途塗膜が硬化後、クリートコートEX上塗塗料を塗装する。上塗塗料は美観と耐候性の向上を目的としている。

01 02 03 04 05 06 07 08 09
はつり・鉄筋除錆工 下地処理工 防錆材塗布工 打継材塗布工 断面修復工 プライマー塗布 不陸調整材塗布工 主材塗布工 仕上げ材塗布工

クリートコートEXシステムメッシュ工法
工法手順にマウスを乗せると詳細が表示されます
クリートコートEXシステムメッシュ工法
1.はつり、鉄筋除錆工
劣化したコンクリート面の除去、発錆した鉄筋の露出、及び発錆劣化の要因物の除去
クリートコートEXシステムメッシュ工法
2.下地処理工
ディスクサンダー等で、コンクリート表面のレイタンス、塩分、油脂その他の汚れを除去し、清浄、活性化を行う。
研掃完了後は、エアブローによりコンクリート表面の粉塵を除去する。
(仕様によりW・J又はブラスト等でコンクリート不良箇所を除去する)
クリートコートEXシステムメッシュ工法
3.防錆材塗布工
錆を除去した鉄筋に、出来る限り早急に防錆材のクリートコートA/Cプライマーを塗装する。
クリートコートEXシステムメッシュ工法
4.打継材塗布工
はつり後のコンクリート断面には、コンクリートと断面修復材との付着制を向上させる為にクリートコートSCプライマーを塗装する。
クリートコートEXシステムメッシュ工法
5.断面修復工
打継材塗布後、直ちに(1時間以内)クリートコート修復材をコテ塗作業により充填して補修する。
クリートコートEXシステムメッシュ工法
6.プライマー塗布工
下地処理が完了後、コンクリート表面にクリートコートEXプライマーを塗装する。プライマーはコンクリートの内部に浸透し、表層を強化するとともに次工程のパテや中途塗膜との付着性を向上させる効果がある。
クリートコートEXシステムメッシュ工法
7.不陸調整材兼含浸接着剤塗布工
クリートコートEXボンドを塗装する。クリートコートEXボンドは不陸調整材と含浸接着剤を兼ねた工程短縮タイプで、水密・気密性を有し、コンクリートと連続繊維シートを接着させる主材料である。
クリートコートEXシステムメッシュ工法
8.連続繊維シート貼付工
クリートコートEXボンド塗装後直ちに連続繊維シートをたるみのないようにヘラ等で押さえ密着させ貼付する。
クリートコートEXシステムメッシュ工法
9.不陸調整材兼含浸接着剤塗布工
連続繊維シートを貼付後直ちにクリートコートEXボンドを塗布して、連続繊維シートの目を充填する。
クリートコートEXシステムメッシュ工法
10.保護層・仕上げ塗装工
連続繊維シート完了後、仕様により仕上げ・塗装工を行う。
【仕様1】
(1)セメントモルタル(1mm仕上げ)>クリートコートEXモルタル
(2)仕上げ材塗布>クリートコートEX上塗
(3)仕上げ材塗布>クリートコートEX上塗(指定色)
【仕様2】
(1)主材塗布工(1尺または2尺)>クリートコートEX中塗塗料
(2)仕上げ材塗布工→クリートコートEX上塗塗料(指定色)



01 02 03 04 05 06 07 08 09 10
はつり、鉄筋除錆工 下地処理工 防錆材塗布工 打継材塗布工 断面修復工 プライマー塗布工 不陸調整材兼含浸接着剤塗布工 連続繊維シート貼付工 不陸調整材兼含浸接着愛塗布工 保護層・仕上げ・塗装工

クリートコートEXシステムAS工法
工法手順にマウスを乗せると詳細が表示されます
クリートコートEXシステムAS工法
1.はつり、鉄筋除錆工
劣化したコンクリート面の除去、発錆した鉄筋の露出、及び発錆劣化の要因物の除去
クリートコートEXシステムAS工法
2.下地処理工
ディスクサンダー等で、コンクリート表面のレイタンス、塩分、油脂その他の汚れを除去し、清浄、活性化を行う。
研掃完了後は、エアブローによりコンクリート表面の粉塵を除去する。
クリートコートEXシステムAS工法
3.防錆材塗布工
錆を除去した鉄筋に、出来る限り早急に防錆材のクリートコートA/Cプライマーを塗装する。
クリートコートEXシステムAS工法
4.打継材塗布工
はつり後のコンクリート断面には、コンクリートと断面修復材との付着制を向上させる為にクリートコートSCプライマーを塗装する。
クリートコートEXシステムAS工法
5.断面修復工
打継材塗布後、直ちに(1時間以内)クリートコート修復材をコテ塗作業により充填して補修する。
クリートコートEXシステムAS工法
6.プライマー塗布工
下地処理が完了後、コンクリート表面にクリートコートEXプライマーを塗装する。プライマーはコンクリートの内部に浸透し、表層を強化するとともに次工程のパテや中途塗膜との付着性を向上させる効果がある。
クリートコートEXシステムAS工法
7.不陸調整材塗布工
コンクリート表面の気泡を密封し、段差等の不陸を調整するために、クリートコートEXパテを金コテ、ゴムベラ等で圧着させながら塗布する。
クリートコートEXシステムAS工法
8.主材塗布工
パテが硬化後、クリートコートEX-AS中塗塗料を2回塗装する。1回目と2回目の塗装間隔は9時間以上とする。中途塗料は水密、気密性に優れ、かつ柔軟性に富みコンクリートと鉄筋を保護する主材料である。
クリートコートEXシステムAS工法
9.仕上げ材塗布工
中途塗膜が硬化後、クリートコートEX-AS上塗塗料を塗装する。上塗塗料は柔軟性を有し、美観と耐候性の向上を目的としている。

01 02 03 04 05 06 07 08 09
はつり、鉄筋除錆工 下地処理工 防錆材塗布工 打継材塗布工 断面修復工 プライマー塗布工 不陸調整材塗布工 主材塗布工 仕上げ材塗布工

クリートコートEXシステムトップへ ページのトップへ
 
     
サイトマッププライバシーポリシー
Copyright (c) 2003 ZENTEC All Rights Reserved.